top of page

「SNS看護」ってご存じですか?

専門講師に学ぶ

top-image.png

SNS看護
コミュニケーション研修

Webセミナー と 対話演習で学ぶ新たな時代のコミュニケーション

lines.png

SNS看護コミュニケーション研修とは、対面ではなくテキスト対話のスキルを学ぶ研修です。SNSを使った新しい看護師のコミュニケーションスキルの向上を目指します。

miyada-san.png
対談中の公認心理士で研修講師の宮田智基先生

SNS看護コミュニケーション研修の3つのポイント

black-dot-c.png

動画による研修で、全国どこでもいつでも好きな時に学べます

image-01.png

LINEを使った実践型対話演習を体験できます

image-02.png

演習終了後のフィードバック面談で自分の強みが再発見できます

※対話体験参加者のみ

image-03.png

こんな看護師さんにお勧め

n-image-01.png
じっくり患者さんと向き合う時間がない、もっと寄り添いたい
n-image-02.png
自分のコミュニケーションはこれでいいの?
n-image-03.png
最近、やりがいが
見いだせない
n-image-04.png
現場を離れたけど、
看護に触れていたい

そばにいなくても寄り添う ‘’SNS看護‘’を学び、実践する2週間

看護についての講義、専門講師によるSNS を利用したコミュニケーションについての講義をオンラインで受講できる研修プログラムです。坂本すが先生の看護師が元気になる講義も視聴できます。また、LINEアプリを利用した模擬患者との対話演習実践体験、演習終了後に専門スタッフとの個別面談が用意されており、演習についてのフィード バックや、個別に抱える悩みや思いの相談もできます。

対面とは違う文章による
コミュニケーションを学びませんか?

lines.png

SNS看護コミュニケーション研修のカリキュラム

1

動画視聴10分

SNS看護コミュニケーション研修のカリキュラム

研修の狙い・目的・研修の内容説明

2

動画視聴60分

※研修開始後10日以内

看護講義 Webセミナー

動画研修

新たな時代の看護~私たちの仕事は何か~

講師: 東京医療保健大学  副学長

医療保健学部 看護学科長

教授・経済学博士 坂本すが先生

3

動画視聴60分

※研修開始後10日以内

対話コミュニケーション講義 Webセミナー

動画研修

SNSカウンセリングの応答スキル

講師: 帝塚山学院大学大学院教授
公認心理士 臨床心理士 

宮田智基先生

4

動画視聴15分

対話演習オリエンテーション(対話のコツ)動画

対話演習

対話演習のオリエンテーションに関する説明(文字での対話の際の注意事項やコツについて)

5

1~3日で実施

LINEを使用した模擬対話演習

LINEを使用して模擬対話演習を実施

※対話体験に参加されない方はここで終了です

6

面談は60分程度

個別フィードバック面談(オンライン)※対話体験参加者のみ

模擬対話演習の振返りとフィードバック・対話体験のオリエンテーション

※対話体験はSNISの受験要件です

SNS看護対話専門士
(SNS nursing interaction specialist:SNIS)

本研修修了後、対話体験を規定数実践することで受験することができます。

nurses-image.png

2024年3月15日より受験申込受付開始

受講要件

image 01.png
正看護師免許を有し
臨床経験5年以上の方
image 02.png
スマートフォンやパソコンなどを使用して、オンライン受講が可能な方
image 03.png
LINE アプリを利用できる方

受講者の声

看護師としての役割を再認識でき、モチベーションアップに繋がりました。また、対話演習では自分のやりとりが後で見返せる、自分の好きなタイミングで実施できる、対話内容がリアルでとても勉強になりました。

女性・臨床経験年数15年以上
20年未満

対話演習終了後、面談を通してフィードバックを受けることで、自身のやり取りを振り返る機会になりました。また面談担当者の想いも聞くことができ、看護の先輩が様々な分野で活動していることを知るのは自身のキャリアを考える上でも得難い機会であったと思います。

男性・臨床経験年数10年以上
15年未満

臨床でのコミュニケーションについて、どう返したら良いか分からない場面が度々あり、研修に参加したことで改めて対応を考える機会を得られました。

女性・臨床経験年数5年以上
10年未満

これからの時代に必要なスキルだと改めて認識しました。SNSで傾聴共感する難しさ、言葉の力、注意点、など
多くの学びがありました。今までの自分の患者さんとの面談を
振り返り、ハッとすることも多くありました。

女性・臨床経験年数20年以上

メッセージ

Toshi-san.png

CNO(Chief Nursing Officer)
十枝内綾乃

「もっと患者さんと話したい」「もっと寄り添いたい」、そんな思いを抱えていませんか?SNS看護という新たな分野でその思いを表現してみませんか?対面とは違う文章ならではの学びや気づきが日々の看護にもきっと活かせることができると思います。
東京医療保健大学 副学長 研修講師

坂本すが先生

看護師は感性や五感が大事とか気づきが大事と言われていますが、『どうやったら?』の答えがなかなか示されない現状があります。TomopiiaでのSNS看護コミュニケーションを通して、その『どうやったら?』の力を付けて行くきっかけが、見つかるかもしれません。
sakamoto-san.png

看護師向けブログ

よくあるご質問

Q:講義動画を見る時間は決まっていますか?

A: 研修期間中(2週間)は、いつでも視聴可能です。

Q:病院勤務3年、訪問看護2年ですが受講できますか?

A: 看護師として患者さんと関わる経験を5年以上お持ちであれば受講可能です。

Q:がん患者さんの看護経験が少ないのですが、大丈夫ですか?

A: 基本的には患者さんとのコミュニケーション経験があれば、どなたでもご参加いただけます。

Q:個別フィードバック面談は任意ですか?

A: 任意です。但し対話体験を希望される場合は必須となります。フィードバック面談を実施しない場合は、終了証は発行されませんのでご注意ください。

SNS看護コミュニケーション研修

Webセミナー対話体験で学ぶ
新たな時代のコミュニケーション

bottom of page